jomon.sumpu.net 縄文ネット From Suruga, Japan

2005年3月 jomon.net Top

ビートをよくご存じない方のために一応、紹介を書きます。
ホンダが1991年5月に出した軽自動車で、エンジンを運転席の後ろに積み、後輪を駆動して走る、二人乗りの小さなオープンカーです。
サイズは以下の通りです。
全長:3,295mm/全幅:1.395mm/全高:1,175mm
※ただし、うちのは、サスペンションを固いのにしておりまして、さらに今回径の小さなタイヤにしたために、全高が1,150mm以下になっていると思われます。
車輌の重量:760kg
※これもですが、うちのはスペアタイヤやエアコンを外しておりますので、20kgぐらい軽くなっていると思われます。

んで、なんでこの車に、何年も長いこと夢中になってるのかと言いますと、運転が面白いからです。
小さい車ですから、ちょっとオモチャみたいではありますが、本当に車と一体になって走っているという快感が味わえるのです。
四輪の自動車の中では、バイクや自転車に近いのだろうと思います。
(050331)
ビートの話なんですが、一昨日の夜、チャックを開けて、バックから無理矢理突っ込んだら、ちょっと軟らかかったので本当に入れるのが大変だったんですが、なんとか達成しまして、あとで見たら手にちょっと血がついておりました。
入れたのは、写真のモノです。レカロ製のスポンジで、腰のあたりにいい具合であたるように作られています。
まあ気休め程度です。
(050331)
早朝、静岡市内の安倍川を上流に上って、梅ヶ島というところまで走ってきました。
昨夜も、静岡市内の日本平パークウェーを試しに走ったのですが、今までとはすっかり感じが変わりました。
コーナーでタイヤがしっかり路面に食いついていて、思ったよりも内側へとラインを取ります。
今までタイヤがキュルキュル鳴いていたところでもしっかり踏ん張るばかりで、音が全然出ません。
安全性が増したようで、やれやれです。
(050330)
ポテンザRE−01というタイヤに交換しました。
▽純正
前:155/65R13、外径532mm
後:165/60R14、外径554mm
▽今回のRE-01
前:155/60R13、外径514mm(-18mm)
後:175/60R14、外径564mm(+10mm)
(050329-1)

拡大写真が水平になってなかったので調整し直しました。前傾姿勢になってる感じがします。(050331)
役目を終わった純正サイズのグリッドII です。
(050329-2)
新しいタイヤのアップです。(暗いのを調整しております。)
(050329-3)
気温がぐぐんと上がっております。
今朝はでっかい雲のかたまりの中から、富士山が上半身を出しておりましたが、今は霞んでいるようです。
明日は小学校の離任式で、次女はまた離乳式などと言っております。
先日は、「お腹が空きすぎて死に損なった。」と言ってました。
間違いを指摘すると、「死に損ない」って意味はよくわかんなかったが、とりあえず使ってみたんだそうで…。
間違った言葉にゲラゲラ笑ったりすると、以前は泣き出したこともあったんですが、最近は開き直ってきて、余計に変な言葉を使ったりします。
(050329)
レンゲソウは単に「れんげ」と呼んできましたが、本日20キロ足らずのサイクリングでのれんげ畑です。
ツクシもいっぱい出ておりましたので採ってきました。
西に向かったんですが、帰りはかなりの強風になって大変でした。明日は筋肉痛かもしれません。
(050327)
パノラマ写真、南安倍川橋からの富士山です。
クリックすると左右が1420ピクセルのウインドウになりますので、ご注意ください。
(050326)
なんだかヤケに忙しい今日この頃。
ニュースは連日ライブドアのホリエモンとニッポン放送・フジテレビのお話ですが、ライブドアって、無料メールを使ったことがありますが、なんとも使い物になりませんでした。
ニッポン放送では、タモリなど人気パーソナリティーが、降りると宣言しているだんだとか。
そこまで徹底的に嫌われて、ホリエモン君は何をやりたいんでしょうね? これがライブドアなんてわけのわからん会社じゃなくて、ソフトバンクあたりだったら、全然話は違ってくるんでしょうけどね。
(050324)
今朝、土手の上から撮った西の方の山ですが、たまにこんなふうになってることがあります。
ひどい曇り空ですが、気温は上がってます。
足が蒸れて水虫の始まる気配がします。もう冬は終わったんだなぁ…。
(050323)
静岡市内に一箇所だけ、常夏のリゾート施設(?)があります。「ゆらら」という実に陳腐極まる名前ですが、ゴミ処理場の熱利用でご覧の通りの「夏」が、年中味わえます。
たまに行くんですが、最近は、長女が行きたがらなくなりました。寂しいもんです。
(050321)
世界のお菓子まつりとやらに行ってきました。静岡市内のツインメッセという展示場です。
お菓子とは思えない生け花などが並んでました。お菓子とは思えない…やっぱりお菓子とは言えないのかもしれませんが、でも本当に食べられるんだったらお菓子と言えるんでしょうね?
(050319)
役目を終えたランドセルです。
不思議なことにあまりくたびれておりません。
重たいからと、教科書を学校に置きっぱなしにするようになったのは、高学年のことです。
私もそうだったかもしれませんが、よく憶えていないので、見つけると叱っておりました。
(050318)
午前中、小学校の卒業式でした。
なにか行事があるというと必ず雨。
卒業式も例外ではありませんでしたが、自分もこの小学校を卒業しているので、ほのかながら、感慨があります。
国歌も校歌も歌いましたが、校歌は当然のことながら、知らない父兄も多いので、ちょっと優越感だったりします。
(050317)
いよいよ明日はJの卒業式で、二人してランドセル登校は今日が最後となりました。
6年間、よくがんばってくれました、ランドセル。
最近のランドセルは丈夫だなぁー!
(050316)
自分はつくづく駄目人間だなぁと思うことがあります。
稼ぐより、消費が好きで、暇とお金さえあればそれを最大限楽しんでしまうという性分です。
車が特別好きでなかったころも、かわりに特別好きなものがありましたから、それがなんであっても、好きなものがある状態がきっと、死ぬまで続くんだろうなあと思います。
(050315)
土曜に撮った写真ですが、まだ山奥ドライブの余韻が・・・仕事しないといけないんですが。
ほかの車がまったくと言っていいほど来ない、ほとんど人とすれ違わないような山奥の道って、グッドです。
それでいて、峠を越えて里に下りてくるとほっとしたりもするんです。
(050314)
島田市のホンダ販売店(プリモでもベルノでもクリオでもない)に、赤ビートの「新車」が展示されています。売らないそうですが、何年もずぅーっと長いこと展示されています。ビートが新車で手に入ったころからでしょうか。
(050313)
巨大な写真は見られないという場合には、こちらをご覧いただきたいと存じます。同じところで撮った別の写真です。
これからこのサイズで収まるようにして、写真もアップしてまいります。
(サーバの空き容量がどうなってるのか、実は心配になってきました…。)
(050312-3)
ビートって、やたらちっこくて、見る角度によってはみっともないと思えるときもあります。
しかし不思議なもので、見る角度によっては、どんなスーパーカーよりかっこ良かったりします。
そういうところがオーナーを飽きさせないでいる理由なのかもしれません。

今日も、写真を撮ってきました。カメラを買ったからなんですが、今まで、広角のデジタルかめしかなくて、撮るとどうしても手前がびよーんと伸びてきます。ズーム付きの古ぅいのもあるんですが、壊れてるので使えなくて、いつか標準ぐらいでも撮れるのを買ってやろうと思っておりました。

写真をクリックすると巨大な写真がダウンロードされます。大きいのでご注意ください。

ビートの一番の得意技は、やはり狭いところでも行けるってことなんでわないかと、思えてます。

今日も、対向車とすれ違えないような山道を走ってきました。工事のトラックが来ても、ビートなら全然あわてません。なにしろ、ビートで通れなければ、ほかの車は通れないんですから、堂々と走ることができるってわけです。

峠を越えて下界に下りていって、道路が広くなってくると、またこれもビートならでわっのドライブが楽しめます。コーナリング、得意なんですねえ。もちろん、気合いの入った走り屋さんに勝てるような腕も私にはありませんが、少なくともビートが自分の手足の延長であるという快感が味わえますから、それはそれは楽しいものです。

小さいのが好きで好きで、子供たちを乗せて出掛けるときには、もう一台のミラ・ジーノ1000に乗りますが、これも非常に楽しい車なんですが、やはりコーナリングの自由さというものでは、ビートの足許にも及ばないと思っとります。
(050312-2)
「やっぱなんか一人で呟きてえかなぁ…」ということで始めてみることに。
急に終わったり、長いこと更新なしになるかもですが…。
(050312-1)

©1996-2005 jomon.sumpu.netAddress: 1185-1 Nakajima, Suruga, Shizuoka #422-8046 JAPAN